呉服について
gofukutitle

着物の種類の中でも一番カジュアルになるのが織りの着物です。普段着や街着となり、ショッピングや旅行、友人との軽いお食事にというのが一般的です。
着物の柄や雰囲気にもよりますが、帯と小物の組み合わせ方により、観劇や趣味のお集まりなどにも 着ていくことができます。 織りのきものとは、糸を染色してから織り上げて生地にしたもので、紬・御召・木綿などがあります。

織り

織りのきものの代表といえば、大島紬、結城紬、塩沢紬など高価なものがあり、あこがれる方もたくさんいらっしゃると思いますがとても高価な品なので、フォーマルな席にも大丈夫と思いがちですが、通常はかしこまった席に着て行くのは不向きです。

染め

染めの着物は後染めの着物といいます。一般的に染めの着物はフォーマルからおしゃれ着、普段着まで柄粋に
応じてそれぞれあります。染めの着物より華やかさは控え目ですが、味わい深い良さと着心地の良いのが特徴です。

同じお着物でも帯を変えて季節に合った着こなしや、着るかたの個性に合った着こなしなど様々です。
シーンに合った格の高いものから趣味性が強い洒落た雰囲気のもの、遊び心に満ちた軽いものまで幅広くご用意させていただきます。


その他和雑貨・小物

お着物の装いを左右する大切な小物。長襦袢、帯揚げ、帯締め、半衿、草履などお洒落な人ほど小物を大切にします。
そんなあなたにぴったりの逸品をご用意いたしております。